こゆび侍第5回公演「網膜火傷」

作・演出 成島秀和

2007年8月24日(金)〜26日(日) 全6ステージ
@pit北/区域

あらすじ

アリのはなし。
恋人から「こんやく」を申し込まれて、べらぼうにうれしくって こころがふわふわういていて
ここんとこずっと日常がミュージカルで
なんというかもう、ほんとうにしあわせすぎてたまんなくって
ふと気づいたらおちていた

アリジゴク。

舐め回すように見おろす大男の眼球と 絡めとられそうな長い睫毛
口元からぶらさがる透明な唾液と 栄養ほしがるアバンギャルドな胃液のにおい

ねえ、ちょっとまってよ。
えっと、こんなばしょにいたんじゃあ、見ることも聞くこともできないようなおもしろいはなしして、
そうして、あんたのおなかいっぱいにしてあげるから、だから、だから、あたしのこと食べないで!
こゆび侍、2007年夏の公演は
うすぐらいあなぐらで起きた、底抜けに悲しいアリたちの悲劇。

それでいて網膜がやけてしまうほどにうつくしい アリと、アリジゴクのものがたり。

Cast & Staff

出演:廣瀬友美 佐藤みゆき 川連太陽 磯部静香 熊埜御堂彩 塚田知彦 西山啓介 福島崇之
舞台監督:橋本慶之/衣装:ヤマギワユミコ/照明:篠先玉枝/小道具:辻本直樹/宣伝美術:フジイハルカ/美術:佐々木愛/制作:牧佳代子

ひとこと

被食者である「アリ」と捕食者である「アリジゴク」の、その役割が入れ替わるまでの話を、暴力と性交を主軸に、嘘と幻と夢を織り交ぜて展開。主人公の最後の嘘を、信じてしまうのか、それとも、それすら嘘だと思うことができるかで、舞台の印象が180度変ってしまう内容でした。

戻る



こゆび侍

次回公演 ドン・キホーテの恋人

  • 日時:2008/1/10 〜 13
  • 場所:王子小劇場
**** news ****
稽古場blog更新中!