こゆび侍とは

成島秀和を中心に、2006年に結成された劇団。昆虫などを扱う独特の世界観・繊細に人物造形を描く映像的なシナリオ技法・強烈な葛藤と感情の流露を大切にした演出で着実に動員数を伸ばし、なめくじをモチーフとした第9回公演『Sea on a Spoon』ではシアターガイド賞とROBOT賞を受賞。クライマックスシーンの登場人物たちの強烈なぶつかり合いからラストシーンの美しさにいたるまで、息をするのを忘れてしまうほどだと、評されている。

受賞歴

佐藤佐吉賞2009・優秀助演女優賞佐藤佐吉演劇祭2008・ROBOT賞 & シルバーフォックス賞
佐藤みゆき2012年度サンモールスタジオ選定賞 最優秀女優賞
こゆび侍佐藤佐吉演劇祭2010・シアターガイド賞 & ROBOT賞
成島秀和佐藤佐吉賞2009・優秀脚本賞
佐藤みゆき
佐藤みゆき

主宰のことば

少しだけへんくつな設定のお話にしたい。
見ている人の胸の奥が震えるような瞬間をつくりたい。
俳優の心のゆれ動きや、俳優同士の激しい感情のやりとりを見せるだけではなく、その瞬間彼らを包む景色を含めたすべてが、美しくなるようにしたい。
こゆび侍の作品で心がけているのは、それだけです。

あとはもう、ただまっすぐに演劇に向かい合っています。脚本段階から一生懸命考えて、稽古に入ったら、座組全員で、素敵だなと思う瞬間をより素敵になるように誠実に取り組んでいるだけです。

使い古された物語という仕組みに向かい合い続けて、
それでもまだ、見たことのないものを見せられたらと思います。

こゆび侍のことを、どうぞよろしくお願いします。